こまゆう blog

趣味がパチンコ・スロットなので、そんな記事が書けたらと思ってます。

人気店でパチンコを打ってはいけない。意外と知られていない情報

今回お話をさせてもらうのは、人気店なのにパチンコを打っては

いけないのかという事を解説して行きたいと思います。

f:id:kaiji0823:20190118012249j:plain

今回のケースでお話する事はスロットに設定が良く使われるお店です。

それは、何故かというとパチンコ屋というのは、人件費電気代家賃台購入費

などたくさんお金が必要となります。

そして、スロットにも設定を使っていると、利益が全然出ないという事が分かると思います。

そういうお店が何処で回収しているかというとパチンコから回収します

スロットのゲーム性だと設定を気にしながら打つ人がほとんどで、設定がないとわかると稼働が下がります。

逆にパチンコはスロットの様に天井やゾーンと呼ばれるものがないため人気台は終日稼働します。

なのでパチンコで回収しスロットに設定を入れるお店が多いと思います。

それを、元に考えていくと・・・・

f:id:kaiji0823:20190118013813j:plain

スロット専門店などは、パチンコと共に置いてある店より

設定が使えないという事になります

ただ、全部が全部そうなっているかと言われるとそうじゃない店も存在します。

稀にパチンコもスロットも力を入れているお店も存在します。

じゃあ、このお店はどうやって利益を出しているのかと言うと

そう、新台入れ替えの時期をずらしたり(価格が下がるのを待つ)少数台のみいれる(その台の人気がなかった場合リスクが最小限で済む)というやり方を行っています。

上記の事を頭に入れながらホールを探していくと、自ずと何処のお店で打ってはいけなくて、何処のお店で打った方が良いかが見えてきたかと思います。

少しでもこの情報が皆様の役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座います。

 

 

パチンコの優良釘について

今回パチンコの釘についてご説明したいと思います。

f:id:kaiji0823:20190117011916j:plain

みなさんはどういった釘の台が回りやすいとおもいますか?

ヘソの釘さえ開いていれば良いと思っていませんか?

今回効率よく、良い釘の台の探し方についてご説明したいと思います。

まず始めにご紹介するのは風車周りの釘や道釘といった優良釘の違いについてご説明します。

☆まず始めに風車周りについてご説明します。

f:id:kaiji0823:20190117012400p:plain

この図で分かるように大事な釘は三角形になっています。

三角形の下の釘が左になればなるほど、右の方に流れるという事になります。

 

逆にこれが右になればなるほど左に流れヘソ釘に入りづらくなっている事が分かると

思います。

f:id:kaiji0823:20190117013608p:plain

これで風車周りの釘は完璧ですね。

☆次は道釘について説明したいと思います。

f:id:kaiji0823:20190117014131p:plain

次のように流れてきた時に丸オレンジの位置になっていると玉が落ちやすく

なっているという事が分かりますね。

または、丸オレンジ釘が左右に離れた台も良く見かけますが、これも玉がこぼれ落ちやすくなっているので、落ちるスペースが狭くなっている台を狙う様にしましょう

 

最後にヘソ(命釘)についてご説明したいと思います。

f:id:kaiji0823:20190117015447j:plain

これは誰しも見れば分かると思いますが、ついでにもう一つ言うとこの形に右の釘が高くなっている台を探して下さい。

そうするとジャンプ釘(ヘソ釘の隣の釘)から飛んだ玉がヘソ釘の右釘に当たりヘソに

入りやすくなります。

上記の台を見つけ打つ事が出来れば、他の台と同じ回転数回した時、投資額に相当な差が出ます。

みなさんもこういう釘の台を見つけてパチンコライフを楽しんで下さい。

もしこのような釘の台がなければその店は出す気がない店と思って違う店に行くことをお勧めします。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

今回、5号機で大ヒットを記録した初代モンキーターンで説明したいと思います。

f:id:kaiji0823:20190114210301j:plain

モンキーターンの通常時には、「通常Aモード」・「通常Bモード」・「天国モード」・「超天国モード」の4つの
モードが存在する。
滞在モードによって、天井到達ゲーム数や、ART期待度の高いゾーンなどが異なる。

●通常Aモード
天井到達ゲーム数は、ART間1280G。

●通常Bモード
天井到達ゲーム数は、ART間768G。

●天国モード
天井到達ゲーム数は、ART間128G。

●超天国モード
天井到達ゲーム数は、ART間32G。

となっております。

ゾーン別期待値がこのようになっております。

f:id:kaiji0823:20190114210956j:plain

・つまり当たりやすいG数を狙って打つ事をゾーン狙いと言います。

・この立ち回りは辞め時が明確な為、勝つためには必須と言えます。

 

☆ちなみにハーデスにもゾーンが400~450、800~850がゾーンになります。

・必ずヘルゾーン高確という状態に入ります。

・ヘルゾーンというチャンスゾーンから初当たりを狙うという事になります。

ただ一つ気を付けなくてはいけない事が必ずチャンスゾーンに当選するとは限らないという事です。

ヘルゾーン高確ロングなら必ずヘルゾーンに当選しますが、ヘルゾーン高確ショート

なら、ヘルゾーンに入らず高確が転落するパターンもあるので気を付けて下さい

 

補足としてジャグラーの様なボーナスタイプはゾーンは存在しません。

最後まで見て頂き有難う御座います。

スロットの設定変更について

今回スロットの設定変更についてご説明します。

f:id:kaiji0823:20190115045229j:plain

・まず、設定とは基本1~6の六段階の設定になっているのがほとんどです。

※6ほど勝ちやすいといった仕様になっています。

・設定を基本いじれる人は店長もしくは設定師と呼ばれる人が設定を変えます。

☆設定変更の仕方

筐体を開け電源を落とし設定キーと呼ばれる鍵をさして回し電源を

入れて設定ボタンで1~6の好きな設定にし、レバーを叩いて決定します。

その後、設定キーを抜いたら終了です。

 

良くある質問は毎日設定変更されているか?という質問です。

 ・これは、あくまでお店側が決められるので、ずっと据え置きのお店や1~6の変更や6の据え置きなんて店もあります。

 

・昨日の台で当たっている最中に閉店した場合も設定変更が行われます。RAMクリアでも消せますが時間がかかるので、まずやるホールはないですね。

RAMクリアした場合、工場出荷状態になります。

RINOという機種はRAMクリアするとトマトが揃った状態と同じ状態からスタートするので、イベントなどであえて使うお店もあります。

 

・台のメイン機種だけの設定変更もあるので、結果から言うとそのお店の営業方針によって変わってきます。

☆次に設定変更せれているか見抜く簡単な方法は天井が搭載されている機種です。

・例えばGOD神々の凱旋ですと設定変更すると朝一1000Gが天井となり打たなくても、データだけで分かったりします。

・あと、機種によっては設定変更後、高設定ほど高確に移行しやすいといった機種がたくさんあるので、そういう所を狙うのもアリだと思います。

この記事が皆様のお役に立てればと思っております。

バジリスク絆ここだけおさえておけば大丈夫。初心者用

はい、今回はバジリスク絆の解析をまとめました。

f:id:kaiji0823:20190115044527j:plain

時期的には、もう版権も終りかけの機種ではありますが、

まだまだメインで使われているホールを見かけるので個人的に簡単にまとめてみました。

BC(バジリスクチャンス)

赤頭が多いと偶数設定

青頭が多いと奇数設定

同色が多いと高設定

※6ほど赤同色が出やすい

・通常時、押し順ベル・通常リプレイ・ベルのこぼし目からBCに当選する台 (謎当たり)と言われるもの。この挙動が見られると、高設定の可能性が高まる。

・弱チェからのBC当選も高設定の可能性が高まる。

弱チェ確率

4、1/41.43

5、1/40.05

6、1/39.67

・BC入賞時LEDランプ赤でBT(バジリスクチャンス)非当選は高設定期待度UP

・BT中ベル残り回数表示上6回時に撃破達成で設定4以上

・BT中ベル残り回数表示上3回時に撃破達成で設定6が確定

※レア役で撃破達成はノーカウント。

・AT時に継続率50パー以上選ばれる確率も高設定ほど高くなっている。

・設定6は5回に1回は継続率50パー以上が選ばれる確率。

※設定1だと10回に1回 あるかないかの確率

・BC天井最大11回

※11回目到達時、次回BC当選時にBT確定

まだまだ設定差のある部分はありますが、とりあえずこれをおさえておけば大丈夫です。

これから初めて打つ方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難う御座いました。

 

パチンコ好き必見

じゃじゃーん

f:id:kaiji0823:20190112222017j:plain

そう今回紹介する機種はこちら

原作カイジの沼が登場したんです。

この台のスペックを紹介したいと思います。

f:id:kaiji0823:20190112222226j:plain

はい、設定付きパチンコになります。

ゲームフローがこちら

f:id:kaiji0823:20190112222342j:plain

1.釘の森を突破し第一クルーンに入れる。

2.第一クルーンの赤い穴に入れ第二クルーンに入れる。

3.第二クルーンの赤い穴に入れて変動開始。確率は上記図を参照

4.三段目は演出クルーンになっています。

※特殊ルート

上記図の①のゲート通過で②カードジャンケンの変動が開始しジャンケンに勝つと③の電サポが開くので入賞させます。

そこで、沼攻略チャンスの演出に行きます。

 

打ってみた感想としては、

釘の森を簡単に攻略出来る台が勝負出来る台ですね。

第二クルーンの赤い穴の左に良く落ちる印象なので、第二クルーンに複数玉行かないと厳しい印象でした。

穴の周りは、少し溝みたいなのがあり勢いが弱まってると変則的な動きをする事

があるので、第二クルーン1玉の時は、これを願うしかない印象です。

演出クルーンに関しては玉詰まり演出などあり、原作好きには嬉しい演出でした。

ラウンド消化には時間がかかりますが(30分くらい)ドル箱を変えるタイミングでナレーションの「坂崎至福の雑用」とか聴けるので、色々演出面でこだわりを感じる事が出来ました。

皆様も興味がありましたら、挑戦してみて下さい。

最後まで観て頂き有難う御座いました。

 

6号機のスロット

f:id:kaiji0823:20190112210616j:plain

5.9号機では2.0枚という制限があったが、6号機においては純増枚数に制限はなし。
その為、純増3.0~4.0枚も可能となり、「最大現実な数字だと純増8枚も可能に」

ただし、有利区間(小役ナビ)においては1500Gが上限となり、その間のメダル獲得枚数は2400枚以内に抑えなくてはならない。
つまり、1500G継続させるAT~ART機を作るとしたら、純増1.6枚の機械としなければならないというもの。

そう考えると、5.9号機では純増2.0Gで1500Gまで継続させることができ、事実上5.9号機よりもスペックが落ちた事になる。

しかしながら、純増を2.0枚以下にしなければならないという制限が撤廃されたので、スペックダウンしつつも出玉速度は上がったといえますね。

個人的意見ですがAタイプの様な擬似ボーナスタイプが増えそうです。